若瀬川 1957年(昭和32年)の大相撲八百長疑惑 国会招致された「チョンマゲ参考人」 - 大相撲 八百長

若瀬川 1957年(昭和32年)の大相撲八百長疑惑 国会招致された「チョンマゲ参考人」

八百長問題に揺れる大相撲日本相撲協会ですが
今から54年も前にも八百長問題が取りざたされ、若瀬川という力士が証人として国会招致されるという騒動が起きていました。

その際、「茶屋制度は廃止したらどうか」「相撲協会は公益法人でなく株式会社でよいのではないか」といった、まるで今の騒動とまったく同じような議論が国会でされていたのです。

以下は1957年(昭和32年)4月3日の衆議院文教委員会でのやりとりから抜粋

●質問:川崎秀二衆議院議員
相撲を愛するファンとして、今どうも五場所でも十二日目以後の横綱同士の相撲は半分が真剣で半分が八百長くさい、というのはつまり七番か八番か、幾らあるか、そのうち半分はほんとうで半分は八百長くさいという評判が今日あるのです。
(中略)
場所によって星の借り貸しをしておる。こういうことがもっぱら言われておるのです。

●参考人 若瀬川(西前頭6枚目)
僕ら相撲取りが今聞かれたような十三日目以後は八百長だとか、そういうことを聞くだけでも頭の痛くなるような、僕らの一番いやがることであります。
それはその人が自分の心の持ちようによって、見るものも自然と変ってくるんじゃないかと思うのであります。
この相撲は初めからくさいと思って見られれば、それはあるいは――くさくないと僕は断言しません
その人の気持の持ちようであります。
しかし僕ら青年時代を相撲いちずに生きてきたものは、そういうことは聞くにたえないことであります。
われわれ力士は天下の関取りでございますと言って大きな顔をして道を歩けるのも、日本古来の国技の相撲で、八百長というものが全然ないと断言できるから大きな顔をして歩けるのであります。
しかしどういうのを指されたのか知りませんが、そういうことを奮われるということは、現在われわれ力士会の不徳のいたすところでありますから、僕は力士会へ帰った場合は糾明するつもりでおります。

●川崎秀二衆議院議員
今の信念を伺って、あなたに対しては非常に敬意を払いますし、そういうふうにだんだん全力士がなるような雰囲気を作って、ますます発展されるように祈るわけであります。
きょうは質問でありますので、いろいろ非常に気持の悪くなることも申し上げなければならぬのは非常に残念でありますが、いろいろ問題点を洗ってみたいと思うのです。

このやり取りを見る限り、大相撲に関しては皆半分どこかで「八百長もあるのではないか」という気持ちで見ており、しかし疑いを向けられた力士は「相撲は国技で神聖なものである。いつも真剣勝負だ。われわれ相撲取りはえらいのだ。そのような質問自体が失礼ではないか。」といった「プライドの問題」に微妙にすり替え、かわしている流れが見てとれます。

現に、若瀬川はここでも「くさくないと僕は断言しません」「その人の気持ちの持ちようであります」「どういうのを指されたのか知りませんが」といっています。

相撲における八百長といわれるものは、あなた方が考えるようなものではない。一般人から見れば八百長かもしれないが、それは我々の世界の常識から言えば八百長ではない
若瀬川はそういいたかったようです。

若瀬川わかせがわ)泰二の経歴

・しこ名 若瀬川わかせがわ)泰二(たいじ)
・1929年生まれ 兵庫県出身
・所属 伊勢ヶ濱部屋
・幕内成績 352勝395敗19休
・最高位 小結

引退後は能弁で人情味あふれる人柄で人気の相撲解説者「若瀬川忠男」として活躍しました。


ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/186382860

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。