相撲界で2件目の不審死 薬物対策に尽力した医師が原因不明で死亡 慶應大学 大西祥平氏 - 大相撲 八百長

相撲界で2件目の不審死 薬物対策に尽力した医師が原因不明で死亡 慶應大学 大西祥平氏

相撲界では八百長関連の不審死大鳴戸親方怪死事件)がありますが、相撲界の薬物撲滅に尽力した慶應義塾大学の大西祥平医師が不審死するという「事件」が、2010年3月に起こっています。(以下引用)
 日本相撲協会の生活指導部特別委員会の外部委員などを務め、角界の薬物問題への対策で主導的な役割を果たした慶大大学院教授の大西祥平氏が18日午後4時21分、兵庫県姫路市の病院で死去した。57歳。死因は不明。相撲協会が19日に発表した。20日に近親者で密葬を行い、後日「しのぶ会」を執り行う予定。

 大西氏は時津風部屋の力士死亡事件を受け、2007年10月に発足した再発防止検討委員会(のちに改称)の外部委員に就任。元露鵬、元白露山が大麻に陽性反応を示した08年9月の抜き打ち尿検査や、その後の力士や親方を含む全協会員への尿検査の実施などに尽力した。

 また、相撲界へのドーピング検査導入にも力を入れていたが、昨年ごろから体調不良で相撲協会の会合を欠席することが目立っていた。

そしてウィキペディアの大西祥平氏の項目にはこんな記述が…(以下引用)
日本相撲協会が2008年9月に実施した薬物検査において現役力士2名から大麻の陽性反応が出、その後両力士が吸引の事実を否定している問題では、スポーツ医学・ドーピング検査の専門家(医学者)の立場から、「明らかに自身が吸ったと判断せざるを得ない」との見解を示したが、その頃から原因不明の体調不良に襲われた模様。2009年頃からは体調不良で講義を休むことが目立っていた。


もし大西祥平氏が大鳴戸親方怪死事件のように、触れてはいけない部分に触れたとしたら…


【大鳴戸親方怪死事件の最新記事】
ここは記事下のフリースペースです
この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/185255510

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。